スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニック その2「エイム射撃」

テクニック考察第二弾!ということで御題は「AIM射撃」。
○そもそも

そもそも「AIM射撃」とはなんなのか。
簡単に言うと、命中精度があがる(=弾のばらつき具合が減る)射撃です。
全てのSGでデフォ設定で右クリックをすることでAIM射撃体制になります。
この状態で撃つと普通に撃つよりも散弾がまとまるようになります。

○メリットとデメリット

「ならAIM射撃しまくればいいんじゃね?」と思うのですが、
実はAIM射撃にはメリットだけでなくデメリットがあります。
銃の種類やカスタムによってデメリットがなかったり、メリットの恩恵が薄いものもありますが
まとめると次のようになります。

<メリット>
・命中精度が上がる

<デメリット>
・連射力が落ちる
・非AIM射撃時との勝手(感度?)が違うので狙いづらい

・SPASとBenelliのAIM射撃と非AIM射撃の集弾の比較
スパスAIM ベネリAIM

・SG別の変化の目安(○…効果大、△…効果いまいち、×…効果微小)
AIM射撃別
大抵のSGではAIM射撃による恩恵よりもデメリットが大きいのでAIM射撃は扱いづらいものになっています。

○実戦でのAIM射撃

基本的にBenelli以外のSGはAIM射撃をする必要がありません。
もちろんできるにこしたことはないですが、SPAS、Saigaに関しては連射が落ちるので
AIM射撃を意識しなくてもいいでしょう。かえってAIMが狂いやすくなりますしね。
RemingtonはデメリットがないのでAIMしやすいシチュエーションなら使うのもアリです。
(例えば、敵が狭い一本道にいると分かっているときなど、まず外すことがないような状況)

Benelliは是非AIM射撃をマスターしたいところです。
射程が短いので素の状態で撃ったのでは一撃で仕留め損なうことが意外な距離でもあります。
(体感だと強化バレットRemingtonの方が一撃で仕留められる距離が長いです)
AIM射撃でAIMできるようになると他のSGではほとんどダメージが与えられないような距離でも
致命傷を負わせることが出来るようになります。

ここでコツをひとつ。AIM射撃の使いどころを考えてみましょう。

先に述べたようにAIM射撃は強力ですが、AIM射撃体制→発射までにはいくらかのディレイがあります。
例えばゼロ距離で敵とばったり遭遇しているときにAIM射撃をしても撃つのが遅れるだけで意味がありません。
どの距離では素の状態で撃っても倒せるか、ということを意識して
臨機応変に撃ち方を変えてみましょう。



AVARankはじめました!クリックおながいします! → A.V.A ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稀によくある

Author:稀によくある
cβからいる人。ショットガンはどれも好きですが、SPASがお気に入り。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カウンター
あぶぁらんく
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。